コピー機や複合機のリースについて – コピー機の歴史紐解き

menu

コピー機や複合機のリースについて

HOME » リースについて » コピー機や複合機のリースについて

コピー機や複合機の導入は、どこの企業でも頭を抱える問題かと思います。
今は複合機が無ければ仕事にもならず、結果もついて来ません。
しかしいざ購入となるとかなりの金額がかかり、躊躇するという所も多いでしょう。

中古品を購入するのも良いのですが、性能にこだわりたいのならばリースを検討してみては如何でしょうか。
毎月リース代を支払う必要があるものの、コストはかなり抑えられます。
一見するとレンタルと大差が無いように思われるかもしれませんが、レンタルであれば長くても1ヶ月の契約が関の山です。
でもリースであれば5〜6年の契約になり、引き続き利用するには再契約という形になります。
再契約の際に新しいコピー機や複合機が登場すれば、それに乗り換えることも可能です。
もちろん費用はほとんどかからず、場合によっては経費で落とせるので効率的と言えるでしょう。

ただしリースはメリットだけでなく、デメリットがあるのも事実です。
1番のデメリットとしては、途中で解約が出来ないことでしょう。
例えば5年契約であれば、途中で何が起きても5年は使用しなければいけません。
事業が上手くいかず会社を畳むようなことがあったとしても、解約は許されていないのです。
ただどうしてもという場合は、解約は一応可能です。
その代わり残りの契約分を支払う必要があるので、効率的な方法であるとは言えません。
5年契約で2年目に解約するとしたら、コピー機を使わないにもかかわらず3年分の契約金を支払わなければならないのです。

リースという方法がいつごろ登場したかは定かではありませんが、古くは古代ローマ時代からすでに存在したと言われています。
当時は商人達に船をリースし、貿易業に大きく貢献しました。
そして現在はOA機器を中心としたリースが盛んになり、複合機のリースも利用している企業も数多く存在しています。
リースにはデメリットもありますが、それを十分カバーするだけのメリットもあります。
もし複合機導入を考えているなら、検討してみては如何でしょうか。